必見!キッチンのリフォームの新常識

キッチンのリフォームで気になることはなんでしょう。相場?トータル費用?工事期間?レイアウト?収納?施工会社?キッチンのリフォームで多くの方が気になるであろうことをまとめました。キッチンのリフォームを成功させるためには念入りな準備が必要です。

必見!キッチンのリフォームの新常識 > キッチンのリフォームは○○が一番大事

キッチンのリフォームで気になることはなんでしょう。相場?トータル費用?工事期間?レイアウト?収納?施工会社?キッチンのリフォームで多くの方が気になるであろうことをまとめました。キッチンのリフォームを成功させるためには念入りな準備が必要です。

キッチンのリフォームで気になることは

長年使ってきたキッチンは愛着があしますし、自分が使いやすいようになっているので、出来ればずっとそのままがいいと思う人もいます。

でも、手狭になってきたり、いたみが出てきたりと使い勝手が悪くなってきたなと感じたらキッチンのリフォームのしどきです。


 


キッチンのリフォームをしたいと決めたら、いろいろな構想が膨らんでくると思います。


「便利なキッチンにしたい」とか、「ドラマに出てきたあのキッチンに憧れる」とか。

 


あるいは「綺麗なキッチンになったら趣味のお菓子作りを生かして教室を開いたら楽しそう」とか…夢はいろいろ膨らみますよね。



キッチンのリフォームは頻繁にするものではないので、失敗だけはしたくないと考えますよね。


あれもしたいこれもしたいと思いつつ、費用がどのくらいかかるかも気になることでしょう。


思い通りの仕上がりにならなかったら困るなあと二の足を踏んでしまっている方もいるかもしれません。

 


リフォームをした人から不満話を聞くと、自分はそうなりたくないって思いますよね。



実は、昨年あたりからリフォームをする人が増えてきていて、見積もりの有効期限が2ヶ月先からとか、工事開始が3ヶ月先などということが多く発生しています。

 
残念なお知らせ



私も見積もりを受け取ったときに有効期限が平成30年2月21日以降と書いてあったのでなんだろうと思いました。

見積もりをもらったのは平成29年11月なのに、工事完成予定の間違いではないかしらと思ってしまたほどです。

 

 

というのも、普通の見積もりって受け取ってから2~3ヶ月以内の期日が期限として書いてありますよね。
「○○日まで」という見積もりが一般的だと思います。

それが「○○日以降」とあるのです。書き間違えかと思ったらその日にちまで作業の手配が出来ないので契約しても実際の工事が出来るのはそれ以降ということでした。


オリンピックの工事関係もあるためか、建築関係はどこも忙しいようです。

悩んでいるうちにどんどん時間がたってしまってキッチンのリフォームのタイミングを逸してしまったというのではもったいないですよね。


適切なリフォームを行なえば家の寿命は延びますが、放置しているとリフォームではすまなくなり、立て替えなくてはいけないということにもなりかねません。

 



なので、タイミングよく理想的なキッチンのリフォームをするために検討することをまとめてみました。

何事もそうですが、キッチンのリフォームも念入りな準備が大事です。

細かいところまで考えつつもキッチンのリフォームは、決断はスピーディーなほうがよさそうです。

 

キッチンのリフォームの基本

1はじめに



キッチンのリフォームを考える時、まずはどんなキッチンにしたいのかを考える必要があります。

動きやすくて合理的なキッチンがいいとか、子供達と一緒に料理をしたいとか、最新の設備にしたいとか…



理想のキッチンを手に入れるために、やっておかなくてはならないことがいくつかあります。


 

2 キッチンの配置やスタイルを知る


Ⅰキッチンの種類はシステムキッチンとオーダーでする造作とがあります。

システムキッチンはキャビネットと調理代、流し(シンク)、ガス台等がワークトップと呼ばれる継ぎ目のない天板でを一体成型したものです。

既製品とはいっても、選べる素材や色はバリエーションが豊富です。
現代の主流になっているといえます。


造作は素材、機器からキッチンの寸法まで全て自由に決めることができます。
オリジナルこだわる方はオーダーで造作するのがよいですね。

オリジナルの造作というと高いイメージがありますが、施工内容によって高くも安くも出来ます。


Ⅱ間取りを考える時は、調理重視か対話重視か考えて見ましょう

①独立型
ダイニングとキッチンが完全に分かれているタイプです。

 


油煙や調理をする時のにおいが他室にまで広がっていったりすることがないですし、調理をしている手元を見られる心配がないのでお客様が来ていても緊張しないで調理に専念することが出来ます。


②オープン型
キッチンとダイニングを仕切らずにオープンな状態になっているのがオープン型です。

 


キッチンセットを壁付けにし、調理スペースをダイニングに向けると省スペースになりますし、会話もしやすくなります。


③セミオープン型

キッチンセットをダイニングに向けて設置し、上部に吊り戸棚等をつけて目隠しがあるものです。

 


家族やお客様とのコミュニケーションをはかりつつ、ある程度自立した空間を確保したいという願いを兼ね備えたタイプになります。


Ⅲレイアウトは、キッチンの使い方を考えて選びましょう

1人で調理をするのか、複数の人が同時に調理をするのかでキッチンの中をどのように動き回るかでが変わってきます。

目安としては、冷蔵庫とシンク、コンロの位置関係がどうなっているかです。
それぞれの距離が均等になっているほど手際よく作業することが出来ます。
出来れば2~3歩以内で移動できると利便性が高いといえます。

また、広い作業スペースがあった方が良いのか、コンパクトにまとめて動き回る距離を短くしたいのかなど、自分にとって使い勝手の良いキッチンはどのようなものか考えてみましょう。

①I型

I型は横一直線にシンク、作業スペース、グリル、そして冷蔵庫が並ぶパターンです。

 


動線が長くなるため広いキッチンには適していません。
コンパクトなキッチンの場合は使い勝手がよくなります。

現在最も利用されているタイプといえます。
各社豊富な品ぞろえになっているので選ぶ時の楽しさもあります。

でも、壁向きで取り付けるのが一般的な備え付け方なので家族と会話をしながら作業したいという方には向いていないですね。




②L型

グリル、作業スペース、シンクがL字型に並んだ配置です。
動線が三角形になるので作業効率が良いです。

 


L字の角の部分の広さによってデッドスペースになりやすいので、主に使う人の体型を考えてサイズを決めると良いでしょう。

また、I型よりも設置するのにスペースが必要なのでLDKが最低でも15.5畳あるのが望ましいです。

③Ⅱ型

シンクと作業スペース、グリルと作業スペースという形で2列に分けた間取りです。

 


作業スペースが広く取れるので、複数で料理をするときにもストレスを感じないで作業できます。
動線が短く、作業効率が良いパターンになります。
一般的にグリルを壁側、水回りを手前側に置くことが多く、家族とも会話がしやすいです。



④U型

シンク、グリル、作業台をU字型に配置した間取りです。

 


独立型のキッチン向きで、作業スペースが広く取れ、ゆったりと作業できます。
動線は一番短く、作業効率が高くなります。
お料理好きの方に向いています。


⑤ペニンシュラ型

シンク、作業スペース、グリルなどをI型やL型などに並べ、一部を壁からを突き出した形になっているのがペニンシュラ型です。

 


ペニンシュラとは英語で半島のこと。陸地に見立てた壁から伸びている半島をイメージしているのですね。
キッチンにいる人とダイニングにいる人とのコミュニケーションがとりやすくなります。
また、カウンター部を広く取ってテーブルカウンター仕様にして椅子を置けば朝食を取ったり、バーカウンターのように使ったりすることが出来ます。


⑥アイランド型


カウンターの一部を「島(アイランド)」のように壁から離して設置したタイプです。
 


アイランドになっているキッチンを囲むようにして作業が出来るので、友達を呼んでホームパーティーをしたり、お料理教室を開催したりするのに向いています。

しかし、欠点としては、他のタイプより周囲に広いスペースが必要になるので、その分他の部屋の間取りにしわ寄せがいってしまうことになります。




 

キッチンリフォームの相場って?

キッチンのリフォームの相場って考えたことはありますか?
私たちを囲むいろいろなものには相場があります。
もちろん、安ければよいというものではありません。品質が見合っていて初めて良い買い物だったと思えるのではないでしょうか。

キッチンのリフォーム費用は50万円から150万円程度が一般的といわれています。
一般的と言われてもすごく幅があると思いませんか?
これだけ幅があったら目安にならないじゃないかと言われそうですね。

 
でも、これには訳があるのです。

キッチンのリフォームと言っても、いろいろな費用がかかりますが、大きく分けて材料費と工事費があります。

材料費は、グリルやシンクなどキッチンの設備機器代、壁紙や床材などの代金です。
スタンダードな商品、高級品などがあり、どれを選ぶかで金額が変わります。
また、工事面積が広くなるほど金額も高くなります。

工事費というのは職人さんの手間賃(人工:にんく)です。人工は職人さんの人数、日数によって変わっていきます。

まず、多くの方がシステムキッチンを利用していると思いますが、システムキッチンと言っても、I型、L型、Ⅱ型、対面型等いろいろな形があります。

今ついているキッチンをその場所のままで新しいものと交換する場合には比較的安い費用で済みますが、壁紙やフロアーを貼り換えたり、キッチンタイプを変えたりする場合はその分費用がかかることになります。

1.I型キッチン

I型キッチンとは、コンロ、作業スペース、シンクが一列に並んでいるキッチンのことです。
狭いスペースでも採用できることから、基本的なキッチンのタイプということができ、種類や価格なども選択の幅が広いタイプです。

シンプルで場所を取らないですし、レイアウトの変更もしやすいというメリットがありますが、横並びが長すぎると動き回らなくてはならなくなるので使いにくいとか、複数の人が同時に使おうとすると動線が重なって使いずらいという弱点があります。

おおよその費用はスタンダードなタイプで56万から80万程度からです。
・パナソニック(ラクシーナ)ベーシックプラン:約79万~
・LYXIL(アレスタ):約56万~
・クリナップ(クリンレディ):約64万~
・トクラス(Bb):約52万~

2.L型キッチン
L型キッチンとは、作業スペースをL字に曲げ、コンロとシンクが離れた配置になるキッチンのことです。
動線が短くなるので動き回らなくて済みます。また、複数の人が同時に作業しやすい作りになっています。
作業スペースや首脳スペースが広く取りやすいというメリットがありますが、コーナーがデットスペースになりやすいという弱点もあります。

おおよその費用は65万から85万程度からです。
・パナソニック(ラクシーナ):約79万~
・LYXIL(アレスタ):約69万~
・クリナップ(クリンレディ):約85万~
・トクラス(Bb):約65万~

3.対面型キッチン

キッチンとダイニングルームの間にカウンターがついていて、家族の様子が見えたり、お皿の受け渡しが出来たりするタイプです。家族とのコミュニケーションが取りやすいので近年人気が出てきています。
オシャレな印象がありますが、調理中の臭いがリビングにまで届いてしまうという弱点があります。

費用は70万から103万程度からです。
・パナソニック(ラクシーナ):約83万
・LYXIL(アレスタ):約80万~
・クリナップ(クリンレディ):約103万~
・トクラス(Bb):約68万~

4.Ⅱ型キッチン
Ⅱ型キッチンとは、コンロ、作業スペース、シンクを二つに分け、並行に配置したキッチンのことです。
動線が短いので作業効率は良く、収納スペースも広く取ることができるので、近年人気の出てきたタイプです。
オープンスペースの解放感があるとか、足元がリビングから見えずらいのでスッキリと見えるというメリットがありますが、二列の間隔が広いとかえって作業効率が悪くなります。
Ⅱ型を歌っているところがあまりありませんでした。
・パナソニック(Lクラス):約387万

キッチンのリフォームの相場を見るためには、まず、自分の家の間取りから考えて、どのようなキッチンにしたいか考えることが必要ですね。
その時には、キッチンの寸法をしっかり測って図面を作ってみると良いでしょう。
見積もりをお願いするときに、いろいろなアドバイスももらえますが、自分なりの構想を書いておくと、比較してよりいっそう自分の希望に合ったキッチンのリフォームが出来るようになります。
 

キッチンリフォームの進め方

希望の時期までに満足できるキッチンのリフォームを行なうためには、「いつ」「なにを」するかというリフォームの進め方をしっかり把握しておくことが必要です。

後で後悔することのないようにリフォームの流れをしておきましょう。

その1 情報を集めてリフォームしたキッチンのイメージを作りましょう



キッチンのリフォームをしたいけれど、どこから手をつければいいのかわからないという方は、まず、キッチンのリフォームに関する情報を集めてみましょう。

インターネットの情報やリフォーム雑誌を見るとビフォー&アフターの実例、施工会社、リフォームに関する基礎知識などが紹介されています。
いろいろと見ているうちに、「コレはあまり好まないな」とか「これは形は好きだけど、色がいまいち」など、自分の作りたいキッチンのイメージが明確になっていきます。



ある程度イメージがわいてきたら、メーカーのショールームや、大型家電販売店のリフォームコーナーなどへ行って展示してある製品を見たり触ったりするとよいでしょう。


自分で簡単な絵が描けたり、言葉でしっかりと説明できるぐらい、細部までイメージ出来るようになると施工業者にもはっきりと伝えられるようになるので、満足のいくキッチンのリフォームが出来ます。


その2 問い合わせをする


 

リフォーム会社はたくさんあります。どこもいろいろな工事を請け負いますが、それぞれに得意分野があります。

口コミなどを調べてもなかなかどこの会社がいいかよくわかりません。

そこでおすすめなのがリショップナビ 見積もりサービスです。

見積依頼もウェブからなら30秒ほどで完了します。無料なので安心して申し込めますね。
見積依頼をすると、専門スタッフが希望に合った業者を最大5社まで絞って紹介してくれます。


その3 現場調査をしてもらう





見積を作ってもらうためには、担当者に時間をかけてキッチンの状態を見てもらったり、要望を伝えたりします。

複数の会社が同時にやってくると一人一人の応対があいまいになってしまう恐れがあるので、時間をずらして各社の担当者にじっくりと見てもらうことが大切です。

その時、キッチンはあくまでも通常の状態にしておきましょう。
人が来るからときれいに片づけてしまうと普段の状態がわからなくなるので現在使っているキッチンの問題点も見えなくなってしまいます。



また、キッチンのリフォームに対する希望はずべての会社に同じ内容を同じ言葉で伝えるようにしましょう。A社には話したのに、B社には話さなかったとなると、前提が変わってしまうので、全ての会社の提案を比較するのが難しくなってしまいます。


その4 見積、提案を比較する




各社から見積もりが出揃ったら、いよいよプランの比較検討をします。
ここで大事なことは、金額だけで決めようとしないことです。

シンクやコンロ、壁紙、場合によってはフロアまでどこの会社が何を使っているのか、自分の希望通りのものになっているかしっかりチェックしましょう。

疑問があったら担当者に確認しましょう。
その時の相手の対応もリフォームをお願いする会社選びのポイントの一つになります。

こちらの話をしっかりと聞いてくれて、疑問点を解決し、プロとしてのアドバイスをきちんとしてくれるような担当者なら、任せて安心という気になりますよね。


その5 契約

各社からの提案を検討してこれにしようと決めたらいよいよ契約をすることになります。




契約書を交わす前に、今までもらった「提案書」、「見積もり書」、「仕上がり図面」、「工程表」などをもういちどチェックしましょう。

比較検討して疑問点を解決していくうちに、修正がいくつか入っていたりします。キッチンのリフォーム内容や金額に漏れがないかしっかりと確認しましょう。

また、契約する前に、書類をもらってリフォーム内容、金額、支払い時期などを確認しましょう。

契約した後の変更は日程が延びたり、金額が変わったりする元となります。

疑問点、不明点が残らないように細心の注意を払って契約書を確認しておきましょう。


その6 工事が始まる前に

無事、契約を締結したらリフォーム工事が始まります。

が、その前にしておくことがあります。

キッチンのリフォームだけといっても、車両や人の出入りがあります。
一軒家の場合でしたら、両隣とお向かい、裏のお宅に事前に挨拶をしておきましょう。

マンションの場合は、同じフロアと上下のお部屋の方に挨拶をしておきましょう。
また、管理組合がある場合は、そちらにも麹日程やリフォーム内容を連絡しておきます。

マンションの管理規約によっては居住者の承諾が必要な場合もあるので、リフォームを決めたら早めに連絡をしておくと良いですね。


その7 工事が始まる

いよいよ工事となると、複数の職人さんたちがやってきます。

ずっと見ているのは、作業の邪魔にもなりますし、職人さんが監視されている気分にもなりかねないのでよくないですが、時々は顔をだして
みましょう。

図面だけではわからなかったことや、もう少しこうしたいということが出てくることもあります。

コンセントの位置など実際に作業が始まらないと気が付かないこともありますよね。

その時は、作業をしている人に直接言うのではなく、担当者に相談しましょう。


休憩時間の差し入れは、施主さんが出さなければ、親方が職人さん達をねぎらうようになることが多いので、10時や3時に何か出してあげると喜ばれるという認識でそのようにしていました。



しかし、ネットの書き込みを見ていると喜ばれる場合と不要な場合があるので担当者に確認したほうがよいという記述も結構ありました。

担当者に確認すれば大方の場合、「お気遣いなく」という答えが返ってくるでしょう。
なので、そこはご自分の考え方次第です。

ほんのちょっとした気づかいで、コミュニケーションが円滑になり、作業がスムーズにはかどったらよいと思いませんか。


その8 キッチンのリフォーム完了

工事が終わったら、必ず担当者に立ち会ってもらい、図面や契約書の内容と実際の工事に違いがないかどうか、工事に不備がないかどうか確認をします。
そこで、問題が見つかればすぐに修正の手配をしてもらい、確認してリフォームが完成です。

今後のメンテナンスについて忘れずに確認しておきましょう。

理想のキッチンで楽しく作業が出来ますね。





 

キッチンのリフォームをするときに施工会社は比べて選ぶのが正解です

大事な我が家のキッチンのリフォームをするからには、自分たちの希望をしっかりと聞いてくれつつプロとしての適切なアドバイスもしてくれる会社、そして、適正な価格で心のこもった丁寧な工事をしてくれる会社、そんな会社に頼みたいと誰もが思うのではないでしょうか。

以前から付き合いのある会社に頼む、友人から紹介された会社がよさそうだからそこにしようと思う、などと1つの会社で決めようとしている方はいませんか?

ちょっと待ってください。焦りは禁物です。

まず、会社によって得意分野が違います。お友達のところでは条件に合っていたかもしれませんが、あなたのところでは違っているかもしれません。
キッチンのリフォームに特化している施工会社もあります。
その会社に決める前に、自分の希望するキッチンのリフォーム工事を得意としている会社かどうか、実績はどのくらいあるのか確認する必要があります。

また、1社からの見積もりだけですと、その金額が適正なのかどうか判断が難しいものです。
比較するのはトータル金額だけではありません。
どんな材料を使うのか、追加料金は発生しないのかどうかなど、比べてみることによって見えてくるものがたくさんあります。

数社に見積もりを依頼するのは現代の常識と言っても良いでしょう。


複数の会社の見積とリフォームの提案を比べることで、より自分のしたいキッチンのリフォームが明確になってきますし知識も増えていきます。

簡単に複数の見積もりを取ろうと思ったらリショップナビがおすすめです。